別にいーじゃん。

宙に向かってしゃべり続けるラジオ的ブログ。 聞いてようが聞いてまいが常に音量でっかめで。



sponsored link


いまからちっちぇえこと書くぜえ~
DSC09119
紅茶を飲むぜえ~
DSC09125
一回で捨ててやったぜえ~!!
(普段は二杯使いまわす。)
DSC09122
元々くっそ安い紅茶なんだぜえ~
(たしか25個入りで165円とか?せいゆー価格・違ってたらごめん)

貧乏人にはワイルドなんだぜえ~
これでちっちゃく脱・貧乏人だぜえ~



て、この前、散歩中に
・・・てか、散歩中っていろんな目に遭うな

素っ裸の人が家から出てきて
多分素っ裸・・・下じっと見てないけど(;^ω^)(笑)

素早く家の横の物干しにかけてある服を着てたぜえ・・・
服一式にリュックまで干してあったぜえ・・・
すごくない?それが乾くまで着る服ないんだよきっと。

超ワイルドミニマリストじゃない? て、わからんけど(・∀・)


で、この話夫にしたら、えーなにそれ本当?(-_-) みたいな。

は?
「本当?」てどゆ意味よ( 一一)
作り話だとでも?
こんな話作ってどうすんだよ

最近散歩中エピソードが多いから虚言盛りだしたとか思われてるのかしら

先日、めんどくせーとき嘘つくわ って書いたけど
嘘ばっかりついてる気がする

さっきあった話嘘つく意味わからん


前にも、えー!ていうびっくりネタを人に話したら、
「そんなことあるの?嘘じゃないの?あり得ない」
て意地悪く言われたので、もうそいつの前ではまったくよた話をしなくなった。

まださ、えー!嘘「みたい」だね て言われるならわかるよ、
マジ?本当に?みたいな、 まあ言い方だよね。
最初から訝しげに
( 一一)嘘じゃねー? て顔されると、もうはいいいですよ ってなるわ
ヽ(#`Д´)ノ


その、嘘ついてんじゃない? て言われた話は、
階段から車が降りてきたわ!って話です(笑)
多分ボケてるであろうばあさんが、階段を車でどっかんどっかん。(普通のセダンですよ)
でも何事もなかったかのように降りきって走り去っていったぜえ
階段のぼろうとした人がびっくりして逃げてたぜえ
ワイルドだぜえ!!!\(^o^)/


て、こんな話嘘ついたってしょーもないでしょーが!
(まあ確かに嘘っぽいが本当・・・(-_-メ))


どーでもいいって?
まあ最初から最後までちっちゃい話~(*´з`)


sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link


おお、タイトルがもう息苦しい。

まああるじゃん、あるんですよ、読んでて苦しくなるわ ってやつ。
もしかしたら半分くらいそうかもしれないし、人にとってはお前の書くものこそが窒息ものだ!と思われるかもしれません が(・∀・)


まー総じて言っちゃうと、余裕がなくてギチギチしてる、
余裕がないっていうのは相手(世間)に対して。
自分がこうったらこう!てやたら気が強く頑固でアンチコメントなどあろうもんならスルーせず100倍返しにでもしそうな、
絶対に自分は折れない、譲らない、ちょっと弱気なところ見せても他人の意見に耳など貸さん!
みたいなさあ。


それもひとつのSNSの方向性なのかもしれないけどね、

私たちってまださ、SNSをどう使うかって、自分なりの正解がわかってないよね。
だからまだ、SNSのサービスとユーザー(表現者と閲覧者)間でずっと手探りだし、

あれ思うんだけど、たとえば
「批判されるのが嫌ならSNSやらなきゃいいじゃん」と、
「批判するほど嫌なら見なきゃいいじゃん」てやつ、
今はごーりきさんとどっかの社長のやつで炎上してたりしますが、
あれも確かにそりゃ正論なんだけど、なんかそれも最近違う気がしてきたんだよねわたしゃ。
それだと常に発信者と受信者の意識がイコールでなければならなくなるし、当然だが絶対に噛み合わないのはでてくると思う
見るな っていうのも見ないとわからんから判断つくまで見るだろうし。

批判にもいろいろあるのに「嫉妬」とか「人を叩くの楽しい人がやること」とかひとくくりにしてしまってまた炎上とか
たとえば
批判された側は、「嫉妬でしょ」とか、「ちょっと頭の足りない人の攻撃対象になっちゃったなー」
で、
批判する側は、「そりゃ間違ってること言ってたら言いたくもなるよ」とか、「嫉妬なわけないのにこんなに頭の悪い人だと思わなかった」とかさ、
自分が思った通りの使い方ができなければ、途端にぎくしゃくして負担なツールになってるじゃん。


みんなほんとは楽しい上澄みだけすくって利用したいって思ってるけど、
実はみんなの普段思っていることなんて、そんなに楽しくない、不満や愚痴なんかが出やすい、出しやすいのがSNSなんじゃないかと思う(笑)
だからなんだろ、カウンセリングとかには向いてるんじゃないかしら。
溜めてるのを吐き出して楽になりたい人向けというか。

切り取った何かを出すときに、常にみんなが自慢とかいい部分だけだすわけじゃないし、
愚痴言ってる人も常に愚痴言ってるわけではない。
(このブログもそうだよね(笑)ごちゃまぜ)

でも、その人の「今出したいもの」だけを抽出し続けたら
誰から見てもバランスのとれたいいものになるのは難しい気がする。


んで、冒頭の、息苦しくなる、ギチギチしてるやつですよ。

以前書いたけど、
他人の完璧になど人は興味ない話

「私間違ってないですよね」て言う田中みな実、SNSやらない理由がなにやっても叩かれるから最初からやらないみたいな。
アピールするから叩かれるんじゃない? てのにも、
「そもそもSNSてアピールする場ですよね」 とか。
正論ですよ。
でも着地点がいつも「私は正しいのに叩かれるのが心外」
になってるから見てて息苦しい。
私は正しい = だから叩く人は間違ってる
の図式に自分がしてしまってる。


で、正しくて頑固で人のアドバイスなんか聞かぬ!て人のSNSは、
文に全部でちゃうから全面それなんですよね。

ちょっと暇だったのでとあるブログサービスのとあるジャンルを適当に見てたんですけど、勝気すぎて萎えた。
みんな「私の言うことこそ正しい!」てムンムンで。

もちろん書き方ひとつで って部分もあるかもしれないけど、
まあ気が強えなあ っていうのは隠せませんよ。

自分の書くものに責任を持つってのはわかるし大事だけど、
自分の想定してないいろんな人が見てる中で、その正しさを保つのってどこかで限界がくると思う。


・・・だからてきとーにやればいいじゃん って無責任に言うのも違うしなー(笑)

わからんよね。うまく使うのって。

どうにしたって偏ってくると思う。
偏るから悪いってわけでもないけど(;^ω^)

ギチギチした我こそ正義!みたいなユーザーは誰に向けて書いてるのか、
自分が読んで欲しいと思ってる層じゃなく、実は真逆の層の人がイライラしながら見てるということもなきにしもあらずじゃん?
読者が全員アンチだった みたいな。
自分は読んでくれてる人は皆、自分の考えに共感してくれてるものだと思ってて蓋開けてみたら、さにあらず(((( ;゚д゚)))
なんてこともあるかもしれない。
自分の考えを支持してもらって上がっていくというのが目的でやってる人が、
そうだと知ってもまだSNSをやり続けることできるか? とかさ。

今までなかった、自己顕示や自己表現の場、簡単に自分を世間に出せる場って、
リアルよりもコントロールが難しいんじゃないかと思う。
一生会わない人やその人の考えとダイレクトに事故ることができるって怖いわ。



おお、自分が書いててだんだん息苦しくなってきたぞ(笑)
そんで毎度のことだけど何書いてるのかわからなくなってきた


もちろんこのブログにもあてはまるけど、
ひとつだけわかってることは、
私のブログの読者は全員暇つぶしに読んでるということ。

異論は受け付けません( ̄ー ̄)



さてあんまり重いの書くとバランス悪いから次はライトなどーでもいいこと書こうっと


sponsored link

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ